男性

処理を簡単に行えるCRMシステムの導入して業務を効率化

顧客管理を担う

IT

顧客サービスの一環

一般顧客に対して何かしらのサービスを展開している企業はCRMシステムを導入することで顧客管理をしやすくなるメリットがあります。コールセンターなどで顧客からの問い合わせを受け付ける際に、利用状況や問い合わせ内容を管理する履歴ツールとして使い始めたことが始まりです。そこに顧客の各種保全処理や注文処理を行う事ができるようにシステムをバージョンアップし、顧客の一元管理をすることができるようになっています。CRMシステムは、顧客サービスの一環で取り入れられています。問いあわせに迅速に回答することができることや処理を一次完結できるなどのメリットがあるのです。サービス業などでは今や導入していない企業はほとんどないほど普及しています。

顧客との接点を強化

CRMシステムはさらには顧客ニーズの拡大にも利用されています。インターネットが普及し、ホームページが当然になっている現在においては、ログインして自分の利用状況をホームページのマイページで確認できるようになっています。これはCrMシステムと連動しており、サービスを多角化して利用できるようにしているのです。利用明細や各種変更を行う事ができるようになっているのです。CRMシステムはさらに顧客と企業を結ぶ重要なラインにもなっています。企業との接点は、販売店やコールセンターなど店舗やサービスに限られることが多いのですが、CRMを介して、接点を24時間体制で持つことができるようになっているのです。チャットや、メールなどのツールを活用しています。

営業支援となる

ウーマン

展示会のブース施工は、自分たちだけで行うには限界があります。その道のプロに営業支援をしてもらいましょう。そうすれば、より良いものが出来上がることでしょう。もちろん、展示会の内容に沿ったものにすることがポイントです。

もっと読む

大事なビジネス情報を整理

名刺

名刺のデータ化とは、名刺の記載項目を氏名・住所・電話番号など内容別のデジタルデータとして収録・整理することをいいます。自分でできる専用ソフトが販売されているほか、専門の事業者に委託することもできます。

もっと読む

顧客データを共有する方法

メンズ

企業にとって営業活動は事業拡大のための重要な戦略です。従来は営業マンが顧客情報や案件情報などを個人でデータベース化していたのです。最近は営業支援システムを導入することで、他の部門と情報を共有化する企業が増えています。色々な会社が営業支援システムをサポートしていますが、自社に適した導入が大事です。

もっと読む