大事なビジネス情報を整理|処理を簡単に行えるCRMシステムの導入して業務を効率化
メンズ

処理を簡単に行えるCRMシステムの導入して業務を効率化

大事なビジネス情報を整理

名刺

顧客の基本情報を一元管理

ペーパーレス化が進む現代にあっても、名刺は今なおビジネスにおける重要なコミュニケーションツールの1つです。最近ではむしろ企業HPのURLや担当者のメールアドレスを簡単に伝える手段として、デジタル時代によく対応していると言えます。ただ、せっかくもらった名刺も整理せずにそのまま溜めこんでしまうと、十分に活用することができません。そこで必要になってくるのが、データ化という作業です。名刺のデータ化とは、氏名や所属先、住所、電話番号、メールアドレスなどの各記載事項をデジタルデータ化し、整理・保存することです。データはパソコンで閲覧できるようになるほか、携帯端末に保存してデジタルアドレス帳として利用することができるようになります。

画像から各項目を自動認識

名刺のデータ化といえば、かつては名刺の印刷面をそのまま撮影して画像データとして保存するか、氏名や住所等の各項目を1件ずつ手入力するかのいずれかの方法で行われていました。しかし現在では画像認証技術の発達により、デジタルスキャナで読み取るだけで内容を項目別に収録できるようになっています。名刺のデータ化には各種の専用ソフトが利用できるほか、専門の事業者に委託することも可能です。最近は内蔵カメラで名刺を撮影するだけでデータ化できるスマートフォン用アプリなども開発されていますが、無料のものは画像認識の精度が不十分な場合もあるので注意が必要です。専門事業者であれば、1枚20〜40円程度の料金でデータ化を請け負っています。