顧客データを共有する方法|処理を簡単に行えるCRMシステムの導入して業務を効率化
メンズ

処理を簡単に行えるCRMシステムの導入して業務を効率化

顧客データを共有する方法

メンズ

他部門にも必要な営業資料

企業にとって営業活動は事業拡大や商圏拡大にとって最も大事な戦略です。ベテランの営業マンになると顧客情報を自分で管理し、誰と、いつ、どのような営業活動をしたかなどのデータを把握しています。また顧客の好みや考え方なども整理して、いつでも利用できるようにしてあります。これらのデータや資料は担当営業マンだけが活用できるものです。これを社員で共有できるようにデータを管理するのが営業支援システムです。顧客管理、案件管理、見込み客管理、売上予測機能などを社員なら誰でも活用できるように一元化したものが営業支援システムです。営業支援システムを導入することによって営業部門と商品開発部門のコミュニケーションを密にすることができ、他の部門との共同作業も促進することができます。

システム導入に必要なこと

営業支援システムを導入するためには、それをサポートする会社と提携を結ぶ必要があります。目的によって色々なプランが用意されており、コストを削減するためには自社にとって必要なプランを選ぶことになります。例えば1ヶ月間のフリートライアル期間を設けている会社の営業支援システムを利用すれば、自社にとってどのくらい使いやすくメリットがあるのかを体験できます。それぞれの会社によって営業支援システムにも特徴がありますが、実際の営業マンにとって利用しやすいシステムを選ぶことが大事です。例えば営業マンにとって必須なのは日報の作成です。そのためには外出先でもすぐに記録ができるインターフェイスであることが重要になります。